English for Liberty

英語で人生を変えるための情報サイト

Beatles

Twist And Shoutの歌詞和訳と英語の詳細解説

投稿日:

「Twist And Shout」は、アルバムPlease Please Meに収録されている曲で、ジョンレノンの絶叫が特徴的な歌です。意外かもしれませんが、Twist And Shoutはビートルズの曲ではなく、1961年にTop Notesというグループが録音して、1962年にIsley Brothersがリリースした曲で、ビートルズ版はカバー曲となっています。

この歌をレコーディングした日、ジョンレノンはひどい風邪を引いていて、しかもアルバムPlease Please Meの10時間にわたるレコーディングセッションの一番最後にこの歌を録音したそうです。喉が限界に達していたジョンレノンは、文字通り最後のテイクということでこの歌を歌い上げ、アルバムに収録されているもっとも有名なバージョンはその最初のテイクのものだそうです。

Twist And Shoutの歌詞和訳と英語解説

Well, shake it up, baby, now (Shake it up, baby)
(踊るんだベイビー)

shake it upは、音楽に合わせて激しく体を動かすという意味と、政府や会社などの組織が外部的な力によって激しく揺さぶられるという意味がありますが、ここでは前者の意味で使われています。

Twist and shout (Twist and shout)
(ツイストして叫ぶんだ)

Twistはここでは踊るという意味です。ツイストは50年代後期から60年代初頭にかけて世界的に人気になったダンスで、(当時は)新しかったロックンロールに合わせて踊るダンスでした。

C'mon c'mon, c'mon, c'mon, baby, now (Come on baby)
(さあ早くベイビー)

C'monはCome onの省略です。

Come on and work it on out (Work it on out)
(もっともっと踊るんだ)

Well, work it on out, honey (Work it on out)
(もっとだ!)

work it on outというのは、辞書には出てこない表現ですが、ネイティブスピーカーの解説をみると「work it out」に継続性のニュアンスを持たせるために「on」を挟んでいるのではないかと解釈しています。

Work it outというと、「問題の解決策を探る」という意味なので「さあどうしたらいいか探ってくれ」となります。

歌の文脈がもはや性行為まで想像させるような男女の激しいダンスを彷彿させることを考えれば、「もっと盛り上がるためにはどうするか探れ」、「もっともっと激しく動くんだ」といったニュアンスと感じられます。

You know you look so good (Look so good)
(かわいいじゃないか)

直訳すると「あなたは自分がかわいいと知っている」ですが、文脈からは激しくダンスする女性に向かって「お前はかわいいぞ」というニュアンスを感じます。

You know you got me goin' now (Got me goin')
(お前といると最高に盛り上がるぜ)

「get ... going」は「...をやる気にさせる」という意味合いがあり、この文脈では、ダンスという行為を指していると考えられます。類似の表現としてkeep me goingがあり、「(何かのおかげで)まだ頑張れる」といったニュアンスがあります。この辺りは文脈によって訳し方も変わってくるいかにも英語っぽい表現ですね。

Just like I knew you would (Like I knew you would)
(思ってた通りだ)

「you would」は「you would get me going」つまり「あなたは私を踊りたい気持ちにさせてくれるだろう」となります。

you would (get me going) ... お前は俺を盛り上げてくれる

I knew you would (get me going) ... お前は俺を盛り上げてくれると知ってた

Just like I knew you would (get me going) ... お前と踊ると最高に盛り上がると知ってたまさにその通り

歌い手は今、彼女のおかげで盛り上がっていて、それは最初からそうなると知っていたと歌っています。

Well, shake it up, baby, now (Shake it up, baby)
(さあ踊るんだベイビー)

Twist and shout (Twist and shout)
(ツイストして叫ぶんだ)

C'mon, c'mon, c'mon, c'mon, baby, now (Come on, baby)
(さあ早くベイビー)

Come on and work it on out (Work it on out)
(もっともっと踊るんだ)

Well, you twist, you little girl (Twist, little girl)
(かわい子ちゃん、踊って)

You know you twist so fine (Twist so fine)
(最高のツイストだよ)

Come on and twist a little closer now (Twist a little closer)
(もう少し近づいて踊って)

「a little ...」は「少し...」という意味で、ここは比較級なので「もう少し近くで」という意味。

And let me know that you're mine (Let me know you're mine)
(俺の女になってくれよ)

let me know that you're mineは「あなたが私のものであると教えてください」なので、この文脈に合わせて言葉を選ぶならば「俺の女になってくれ」とか「お前は俺のものだよな」といったニュアンスになります。

Well, shake it up, baby, now (Shake it up, baby)
(さあ踊るんだベイビー)

Twist and shout (Twist and shout)
(ツイストして叫ぶんだ)

C'mon, c'mon, c'mon, c'mon, baby, now (Come on, baby)
(さあ早くベイビー)

Come on and work it on out (Work it on out)
(もっともっと踊るんだ)

Well, you twist, you little girl (Twist, little girl)
(踊って、かわい子ちゃん)

You know you twist so fine (Twist so fine)
(最高のツイストだよ)

Come on and twist a little closer now (Twist a little closer)
(もう少し近づいて踊って)

And let me know that you're mine (Let me know you're mine)
(俺の女になってくれよ)

Well, shake it, shake it, shake it, baby, now (Shake it up baby)
(さあもっともっと踊るんだベイビー)

Well, shake it, shake it, shake it, baby, now (Shake it up baby)
(さあもっともっと踊るんだベイビー)

Well, shake it, shake it, shake it, baby, now (Shake it up baby)
(さあもっともっと踊るんだベイビー)

 収録アルバム

Please Please Me(ビートルズのアルバム第1弾)

Amazon Prime会員はアルバム全曲を無料でお聴きいただけます。


Please Please Me (Remastered)

-Beatles

Copyright© English for Liberty , 2019 All Rights Reserved.