English for Liberty

英語で人生を変えるための情報サイト

Beatles

I saw her standing thereの歌詞和訳と英語の解説

投稿日:2019年3月5日 更新日:

The Beatlesの名曲、I saw her standing thereが発表された1960年代はレコードが主要な媒体でした。レコードはA面B面と分かれていて、A面最初の曲、A面最後の曲、B面最初の曲、B面最後の曲とそれぞれに意味があり、ビートルズのメンバーとプロデューサーは、どこにどの曲を持ってくるかにとてもこだわっていたそうです。

I saw her standing thereは、そんなビートルズのアルバム第一弾「Please Please Me」の一曲目の曲を飾る曲なのです。

リードボーカルはポールマッカートニー、弾けるティーンエイジャーの恋を歌ったI saw her standing thereの歌詞を和訳しながら英語を学んでいきましょう!

I Saw Her Standing There

(1,2,3,4!)

Well, she was just seventeen (彼女はたったの17歳だった)

You know what I mean (いいたいことわかるだろ)

You know what I meanは「私の意味するところはわかるね」と念を押す表現。

しかし「いいたいこと」とはなんなのだろうか。「年頃の17歳の女の子だからのぼせ上がっちゃうに決まってんだろ」という意味なのか、「相手がたったの17歳じゃ性的な関係は持てないだろ」といいたいのか。ジョンレノンの歌詞はと意外と風刺や皮肉が混ざっていることがあるが、この歌はストレートなラブソングやロックの曲が多いポールマッカートニーの作で、さらにいえば初期の作品なので、素直に前者の意味で読むべき

日常会話で「you know what I mean」を頻発する人もいて、日本語でいうならば「わかるっしょ?」的な軽いノリで使う

しかし「you know what I mean」はアメリカ人が苛立つフレーズランキングの上位にランクインする常連だとか。あまり頻発するとうざがられるのでむやみに乱用しないことをおすすめ

And the way she looked was way beyond compare (それにルックスも最高だったよ)

「the way 〜」は訳し方が難しいが、ニュアンスで覚えると理解しやすい。「the way you do」=あなたがそれをする方法=やり方。「the way she looks」= 彼女の見え方 = 見た目・ルックス、「the way it is」= 今のありかた= 現状など。

「beyond compare」は「比較の上を行く」つまり「比類ない」。ちなみにアメリカには「Beyond Compare」というファイル比較ソフトがある。比較(compare)と、他社製品よりも優れていることをかけたネーミング。

So how could I dance with another (Ooh) when I saw her standing there
(あの子をひと目見たら、もう他の子と踊る気もなくなったよ)

「どうしたら他の子と踊れるだろうか」は逆説的に「他の子とは踊りたくない」という意味。別に質問をして回答を求めているわけではない。あえて相槌を打つならば「indeed!」(全くだね!)とでも返せばいいかも

「I saw her standing there」は典型的なSVOC文。ちなみにVの部分がseeなので、Cの部分は動詞の原型も入るが、このように現在分詞が入ることもある。その時まさにたっていることをニュアンスが伝わるが、歌においてはリズムの取るために歌詞の長さが変わることも。「I saw her stand there」だとちょっと間延びしてしまうのかも。

Well she looked at me, and I, I could see that before too long I'd fall in love with her
(で、彼女は僕を見たんだ。それでわかったんだ。僕はもうすぐ彼女と恋に落ちろうだろうって)

歌の中では、seeとthatのところで次の節になっているが、文法的には一文で読める

「I could see that 〜」は「〜ということがわかった」。関係代名詞thatは一つの単語で全てを説明できないが、「〜ということ」と考えるとかなりわかりやすくなる

「before too long」は「そう遠くない将来」

「fall in love with 〜」は「〜と恋に落ちる」

I'dは「I would」の略。「これから〜になるであろう」という過去の時点から見た未来の予想。 ちなみに、日常会話ではこの時制はかなりあやふやになっていても問題ない。インド人など非英語圏の外国人も時制が意外とあやふやな人が多いので、私たち学習者は細かい間違いを恐れず積極的に話すことが大事

She wouldn't dance with another (whooh) when I saw her standing there
(彼女も他の男と踊ろうとはしない。あの子をひと目見たときから)

Well, my heart went boom when I crossed that room and I held her hand in mine
(あの部屋を横切ったとき、胸が高鳴ったよ。それで彼女の手を握りしめたんだ)

この文章は、「my heart went boom when I crossed that room / and I held her hand in mine」と区切ることもできれば、全てを一文とみなすこともできる。

すべてを一文とみなす場合、意味は少し変わり、「あの部屋を横切って彼女の手を握りしめたとき、私の胸は高鳴った」となる。個人的にはこっちの方がしっくりくるが、最初の2節目までが「boom」と「room」で韻を踏んでいて、3節目はそうではないので、どちらできるのが正解なのかはわからない。しかし「部屋を横切り、彼女のところまで行き、手を握って、ハートが高鳴った」というポイントは伝わるので問題なさそう

「boom」は急激に活発になる様子を表す。経済の活況は「booming economy」という

Whoah, we danced through the night, and we held each other tight, and before too long I fell in love with her
(夜通し踊って、お互いを抱きしめ合ったらすぐに彼女と恋に落ちたよ)

「hold tight」は「強く抱きしめる」。ビートルズの初期の歌によく出てくる表現。

先ほどは「I'd fall in love = これから恋に落ちるだろう」といっていたが、ここでは「I fell in love」と過去形になっている。つまり、「一緒に踊って強く抱きしめ合ったら、あっという間に恋に落ちた」ということになる

Now I'll never dance with another (Whooh)
When I saw her standing there
(繰り返し)

Well, my heart went "boom"
When I crossed that room
And I held her hand in mine
(繰り返し)

Whoah, we danced through the night
And we held each other tight
And before too long I fell in love with her
Now I'll never dance with another (whooh)
Since I saw her standing there

Oh since I saw her standing there
Oh since I saw her standing there

最後の部分だけ、「when」ではなく「since」を使って「since I saw her standing there」としているがこれは、「初めて彼女をみたとき」、「彼女の手を取ってダンスに誘ったとき」、そして「強く抱きしめあって恋に落ちた今」という経過によって、「見たとき」から「見て以来」と意味合いに変化したようである

「since」には「〜して以来」という意味と、「〜だから」という意味があり、意外と後者の意味が使われることが多いが、ここでは普通に前者の意味を使っている。これ蛇足だが、「〜して以来」という意味をさらに強調する表現として「ever since 〜」という表現があり、「〜以来ずっと」という意味合いになり、ニュアンスとしてはかなり長い期間に渡って継続している様子を表していると感じる

歌詞の解説

歌はダンスパーティに行き、そこに立っていた、つまりまだ誰とも踊っていなかった女の子に一目惚れしてしまうところから始まります。部屋を横切り彼女の手を取り一緒に踊り恋に落ちるという話です。

初期のビートルズの曲は、ティーンエイジャーの恋を歌った歌が多いのですが、I saw her standing thereはまさにそんな曲を代表する曲の一つです。

収録アルバム

Please Please Me(ビートルズのアルバム第1弾)

Amazon Prime会員ならアルバム全曲を無料でお聴きいただけます。


Please Please Me (Remastered)

 

-Beatles

Copyright© English for Liberty , 2019 All Rights Reserved.