English for Liberty

英語で人生を変えるための情報サイト

実践的な英語 英語学習

iOSデバイスで英単語の意味を調べる方法

投稿日:

今回は、英語学習のヒントとして、iPhone、iPad(iOSデバイス)で知らない英単語や表現を効率的に調べる方法を二つ紹介します。

どちらの方法も、iOSデバイスをお使いの方ならばアプリ不要かつ無料で利用できます。僕自身も普段から行っている方法なので参考になれば幸いです。

方法1:iOS内臓辞書を活用する

iPhoneやiPadには標準で高機能な辞書が搭載されているのをご存知ですか。これはiOSに最初から内臓している機能なので、アプリのインストールも必要ありませんし、無料で使えます。ある意味では端末料金に含まれているとも言えるので、ぜひ活用しましょう。

現在利用できる辞書を確認するには、[設定]アプリから、[一般] → [辞書]と選んで、現在の辞書の設定を確認しましょう。

標準の状態で英和・和英辞書が入っていると思うので、このままでも問題ありません。もし興味があれば、英英辞書も有効化するといいでしょう。興味のある辞書にチェックを入れると、自動的にダウンロードが始まります。

英英辞書は、英語で英語の意味を調べるので、慣れないうちは疲れてしまうかもしれません。しかし中級レベルの方は、英英辞書も合わせて調べる習慣をつけると英語力が加速的にアップします。英語で英語の意味を調べると、自然に類似語や簡潔な表現を常に目にすることになるので、単語の細かなニュアンスの違いや、簡単にものごとを説明する表現など、参考になる部分が非常に多いのです。

iOS内臓辞書の使い方

iOSの内臓辞書で単語の意味を調べるには、まず調べたい単語を選択して、「調べる」というメニューを選択するだけです。以下の例はブラウザで閲覧中のページから単語の意味を調べようとしています。

すると以下のような画面になるので、一番上に出てきた辞書の検索結果をタップしましょう。

すると以下の画面のように辞書の画面が開きます。

使い方は以上です。

この辞書は、多すぎず少なすぎずのちょうどいい具合の情報量なので非常に重宝しています。さらに発音記号もついているのが優秀です。英英辞書を有効にしている場合はその情報も表示されます。

外部の辞書アプリは必要か

じつは、App Storeには「ウィズダム英和・和英辞典2」というアプリがあり、こちらは2900円で販売されています。お気づきかもしれませんが、「ウィズダム英和・和英辞典」といえば、iOSに内臓している辞書と同じものです。

外部アプリにもメリットがあるとは思いますが、手っ取り早く単語の意味を調べる場合、内臓辞書で十分なケースも多いものです。まずは内臓辞書を活用してみて、必要であれば専用の有料アプリを検討してみてはいかがでしょうか。ちなみに僕は内臓辞書だけで足りる派です。

方法2:グーグルで検索する

内臓辞書で意味がわからない場合は、グーグルで検索すれば大抵必要な情報を検索できると思います。

検索するときは「<わからない単語> 英語」「<わからない単語> 意味」と検索すればほぼ確実にオンラインの辞書が検索トップに出てきます。

グーグル検索自体が辞書のようになりますし、ちょっとした誤字や曖昧な表現も汲み取って検索してくれるため非常に便利です。

日本語の英和辞典で意味がわからなかった場合は、「<わからない単語> meaning」と検索すれば英語の辞書がずらっと出てきます。ネット上の英英辞書は非常に便利なので、中級レベルの方はオンラインの英英辞書も見る習慣をつけるといいですよ。

検索キーワードの例

  • [tariff 意味]
  • [tariff 英語]
  • [tariff meaning]

こんな感じでわからない単語をサッと調べることができれば、英文記事とかを読むのも非常にはかどります。

こういう小さい習慣が英語力アップには欠かせない気がしますし、一度習慣になってしまえば面倒に思うことすらなくなりますので、ぜひわからないことをすぐ調べることを自分の習慣にしてしまいましょう。

-実践的な英語, 英語学習

Copyright© English for Liberty , 2019 All Rights Reserved.