English for Liberty

英語で人生を変えるための情報サイト

実践的な英語

【ビジネス英語】英語のプレゼンテーションで使える表現

投稿日:2019年1月28日 更新日:

英語で仕事をしていると、他の人の英語のプレゼンテーションを聞く機会がありますが、時には自分がプレゼンをする側に回ることもあります。というわけで今回は、英語でプレゼン資料を作成する際に使える表現や作り方のヒントを紹介します。

プレゼン資料作成のヒント

僕の今の仕事はIT系企業の技術職ということもあり、正直なところ頻繁にプレゼンを行うわけではありません。しかし若い頃は、営業に近い仕事をしていたことがあり、そこでは外国人とプレゼン資料を作ることが多くありました。

その人は営業の神様ともいうべき人で、この会社のヨーロッパ市場をゼロから開拓し何十億円もの収益をもたらし、数年後には有名な米IT企業のCEOになっていました。いかにもアメリカのやり手ビジネスマンという感じで、論理的で押しが強く、みんなビクビクしながら接していたのですが、そういう強烈な個性を持った人から学んだ内容を思い出しながらそれも交えて紹介したいと思います。

シンプルに徹する

まず最初に挙げるのは、プレゼン資料はシンプルさを保つということです。伝えたいメッセージを伝えるために不要な情報を省きまくるスタイルでした。見た目にはカッコイイけど意図が明確でない図表やアニメーション、ガートナー(調査会社)発表のトレンドなどの隙間を埋めるためだけのスライド、賢そうな言葉も意図的に避けていました。

すると大した芸もない質素なスライドが出来上がるのですが、重要なのは伝えるメッセージだと常にいっていました。

ストレートにメッセージを伝える

ハデなものや意味の薄いものを取り除いていくと、最後に残るのは「○○(顧客名)の問題点と解決策」「○○(顧客名)が当社を選択するべき理由」などのストレートな営業文句ばかりで、日本人の感覚からすると「そこまでズバズバやって大丈夫だろうか」と不安になるほどでした。

このやり方で日本人の担当者にクレームが入ったりと軋轢があったのも事実ですが、相手は曖昧な態度で先延ばしすることが許されない方向に追い込まれていくのです。顧客によっては、買う気もないのに最新の製品やトレンドの調査気分でいろんな会社に声をかけて説明をさせたりしていたのですが、そういうよこしまな意図も一気に見破られます。

限られた時間で製品を売って自分たちのクビをつなぐのだから、これくらいまでしないといけないんだろうなと思ったものです。それであるとき「こうやって営業をするんですね」と、感嘆の意を込めていうと「プレゼンは派手なスライドを見せることじゃないし、(個人的なツテに頼る日本的営業を揶揄して)営業は友達と遊ぶことじゃなくて構造化されたプロセス(structured process)なんだ」と返ってきました。

質問を交える

スライドの中に質問を入れると、聞き手の注意を引くことができます。質問にはスライドの中で箇条書きで答えてもいいのですが、口頭で答えを伝えることで、より効果的に注意を引くことができます。

記憶に残るメッセージを

覚えやすいフレーズなど、記憶に残りやすい言葉を混ぜておくことで重要なポイントを覚えてもらいやすくなります。気の利いたフレーズにこだわる必要はありませんが、わかりやすいメッセージを繰り返し散りばめておくと効果的かもしれません。

重要なポイントをまとめる

スライドの中の重要なポイントを最後のスライドでまとめて再確認すると、プレゼンの後に大事なポイントが聞き手の記憶に残りやすくなります。ここで質疑応答を行えば、重要なポイントに関する内容に質問を聞くこともでき、聞き手の理解を深める手助けにもなります。

便利な表現

ではここからは、いくつかスライドの中で使える便利な表現を紹介しましょう。基本的には説明する内容によって書くのがベストですが以下のような定型的な表現も覚えておくと便利です。

Agenda

これから話す内容をまとめたスライドによく出てくるタイトルです。アジェンダという言葉をスローガンにしていた政党がありましたね。

Pros and cons

いい点と悪い点。複数の選択肢を比較するときによく出てきます。読み方は、そのままローマ字で読みます。

日常会話で使われているのを聞いたことはありませんが、proは賛成、conは反対を表す語です。

Tips and tricks

ヒントとコツみたいな感じですね。

Dos and Don'ts

〜べき・〜べからず集という感じで、やるべきこととやるべきではないことを紹介するときなどに使います。

例:職場のハラスメントDos and Don'ts

Cont / Cont'd

(前のスライドからの)続き。Continuedから来ています。

-実践的な英語

Copyright© English for Liberty , 2019 All Rights Reserved.